藤田恒三(フジタコウゾウ) アートディレクター
by kzblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
広告、写真集、CD ジャケットなどのアートディレクション及びフォトグラフィー、企業のブランディングやクリエイティブに関わるコンサルティングも手がける。

無類の麺好き。

MY WORKSへGO!!
↓↓↓↓↓↓
ixno.com


LINK

ハーブマン高野済のアロマ&ハーブ通信

ナポリばかの食いしん坊日記

笑顔の種と眠る犬 藤田朋子公式ブログ

LESLIE KEE BLOG

ND CHOW BLOG

Lovely days 風間ゆみえBLOG

GReeeen HIDEの人生は重荷を背負いて遠き道を行くが如し

HOME GROWN TANCO BLOG

以前の記事
2013年 11月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ズッキーニ

野菜の中で一番、ズッキーニが好きだ。

それも、黄色いやつ。

そして先日、長野の畑で
とうとう、ズッキーニの全体像を見た!

ますます、好きになった。

「OH !! ズッキーニ。君は、なんて個性的なんだ。こ、これからも、よろしく!!」

思わず、話しかけてしまった!!

b0138231_1634118.jpg

[PR]
by kzblog | 2008-06-26 16:41
さくらぐみ
農林水産省認定の生産地マイスターであり、ハーブとアロマの達人。
最近では、香りのプロデューサーとして
『えっ』と驚く次世代のプロジェクトをいくつも手がけている
高野なるさんと、ある新商品のボトルデザインのための
インスピレーション喚起の旅に出た。

とにかく、なるさんと出会ってから、僕の人生は豊かになった。
植物、動物、人間、地球、全てが繋がっているということを
まるで手品をみるようにリアルに感じさせてくれる。

そんな、「次次元な男」なるさんが、
視察の旅に『絶対にはづせない!』っと
最初にやってきたお店がここ。
「さくらぐみ」
イタリアンの超有名店。
東京から新幹線にのって約4時間。
兵庫県の赤穂。赤穂の駅から徒歩5分。

本場ナポリと気候がにていることや新鮮な食材の調達等の関係で
「ここ、赤穂でなければ、成り立たないんよ」と
オーナーの西川明男さんがデッカイ体で、ほのぼの笑う。

前菜、パスタ、ピザ、、、、メイン。
ワイルドで、新鮮で
とにかく”不自然でない”メニューが続く。

あっというまに、デザート。
最高のひとときで、ここがどこなのかも忘れる。

日本のこのへんに、こんな幸せな店あったんだ!!!

あーーなんか、肩の凝り、とれた。
ひょっこり、ひょーたんじーま♪

b0138231_15403630.jpg
[PR]
by kzblog | 2008-06-13 16:44
アラスカ
b0138231_1955282.jpg

撮影が無事終了した!
(Cossy THANX!!)

翌日の撮影予備日のこと、アラスカ観光協会の方の粋な計らいで
アラスカ鉄道〜氷河クルーズの1日ツアーに参加することができた。

b0138231_192217100.jpg


2時間半かけて港に向かう。

時速40Km。

ゆっくり。ゆっくり。

長ーい列車の先っぽが、途方もなく美しい自然のなかにとけ込んでゆく。

b0138231_196334.jpg


あまりにもの気持ちよさにうたた寝をしてしまう。
眼をさましても、同じ景色は続く。知らぬ間に、また眠りに入る。

b0138231_1919146.jpg


船に乗り換え、約6時間かけて、漂うように地球の上っかわの海を滑って行く。

b0138231_19342720.jpg


氷河からまた別の氷河へ。

b0138231_2092173.jpg


港に戻り、帰りの列車が動くのを1時間程、待つ。
何の前ぶれもなく、ゆっくりと列車が動き出す。

時速40Km。

また、景色の中に溶けて行く。
b0138231_20115896.jpg


10ヶ月間、12カ国にわたる、この撮影の旅が終わった。

一発の大きなパンチをくらうような刺激を求め
何かを探してきた自分だったが、

小さなボディブローをづっと受けつづけるようなこのアラスカの旅で、

何か違うものを手に入れた気がする。
[PR]
by kzblog | 2008-06-02 20:30